門井 掬水(かどい きくすい )
明治19(1886)~昭和51(1976) 日本画家。鏑木清方に師事し、作風を踏襲した艶のある清麗な風俗美人画を多く描く。大正10年、第3回帝展にて《芽生》初入選。新文展の入賞多数。
門井 掬水
「七夕」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
門井 掬水作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「門井掬水」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求