岩田 専太郎(いわた せんたろう )
明治34(1901)東京~昭和49(1974)画家、挿絵画家、美術考証家。伊東深水に師事。挿絵の第一人者として、あらゆるジャンルの小説に携わり、特に吉川英治の『鳴門秘帖』の挿絵で不動の人気を博する。浮世絵の伝統を基盤にしながらも、時代の流行を捉えた新鮮な感覚で「専太郎張り」といわれる画風を確立し、独特の美女を描く。後年には日本画も多く手掛ける。
岩田 専太郎
「春宵」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
岩田 専太郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岩田 専太郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求