岩井 泉流(いわい せんりゅう)
正徳4(1714)江戸~明和9(1772) 絵師。江戸の具足師の家に生まれる。木挽町狩野に学んだと考えられ、人物や花鳥、走獣をよく描いた。紀伊藩六代藩主の徳川宗直に御用絵師として用いられ、紀州の寺社にも作品が遺っている。大坂堺で一時期活動したと伝わり、狩野派の枠を超えた画風の作品も見られる。
岩井 泉流作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「岩井 泉流」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求