板谷 波山(いたや はざん)
明治5(1872)茨城~昭和38(1963)東京 陶芸家。東京美術学校(現:東京芸術大学)彫刻科で高村光雲らに師事。石川県立工業学校(現:石川県立工業高等学校)彫刻科教諭となる。独自の釉薬の考案し、造形や色彩に意匠を凝らした格調高い磁器や、彫刻技術を導入した器を制作した。人間国宝候補は辞退。文化勲章授章。《珍花文花瓶》は重要文化財に指定されている。
板谷 波山作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「板谷波山」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求