石川 欽一郎(いしかわ きんいちろう)
いしかわ・きんいちろう 明治3(1871)静岡~昭和20(1945) 洋画家。逓信省東京電信学校卒業後、大蔵省印刷局入社。水彩画を独習し、明治美術会に入会後、小代為重、浅井忠、川村清雄に洋画を学び、アルフレッド・イーストの指導を受ける。明治期の水彩画の先駆者であり、風景画を得意とした。大正13年に台湾に渡り、台北師範学校(現:国立台北教育大学)嘱託として美術教育の普及に務め、台湾水彩画会を創立し、台湾美術展の審査員などを歴任する。光風会会員、日本水彩画会会員。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
石川 欽一郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「石川 欽一郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求