池 大雅(いけの たいが)
享保8(1723)京都~安永5(1776) 文人画家。幼少より書に優れ、15歳で扇子に絵を描いて生計を立てる。中国文人調の書画を努めて学び、のちに日本の伝統的画法と西洋画の手法を取り入れ、独自の画風を確立した。
池 大雅
「蝦蟇鉄拐図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
池 大雅作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「池大雅」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

池大雅の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求