池 玉瀾(いけの ぎょくらん)
いけの・ぎょくらん 享保12(1727)京都~天明4(1784) 画家、歌人。旧姓徳山、名は町。別号に松風、遊可など。夫は文人画家の池大雅。祇園に生まれ、和歌を冷泉家、絵をはじめ柳沢淇園に学ぶ。宝暦元年に池大雅と結婚。当代一流の女流画家として知られた。代表作に《便面図巻》《渓亭吟詩図》がある。
池 玉瀾作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「池 玉瀾」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求