池辺 義象(いけべ ぎしょう)
文久元(1864)熊本~大正12(1923) 歌人、国文学者。号は藤園・知旦。御歌所寄人、臨時帝室編修官などを歴任。落合直文らとの共編である『日本文学全集』は、古典研究の勃興に多大な功績を残した。
池辺 義象作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「池辺義象」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求