本阿弥 光悦(ほんあみ こうえつ)
永禄元(1558)京都 ~寛永14(1637) 書家、陶芸家。近衛信尹・松花堂昭乗と並び寛永の三筆の一人と称される。徳川家康から与えられた洛北鷹ヶ峰の地で、一族・工匠と共に創作と風雅三昧の生活を送った。
本阿弥 光悦作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「本阿弥 光悦」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求