菱川 師政(ひしかわ もろまさ)
ひしかわ・もろまさ 生没年不詳 江戸時代中期の浮世絵師。作画期は宝永~延享年間(1704~1748)頃。号に月々堂、文志、文翅がある。菱川師宣の高弟古山師重の子。はじめ菱川と称し、一門を離れた後に古山姓を名乗る。画風は菱川派に学んだが、当代の丸顔で華奢可憐な人物表現を取り入れた。菱川派の画風を一変させたとも評される。
菱川 師政作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「菱川 師政」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求