平野 富山(ひらの ふざん)
明治44(1911)静岡~平成元年(1989)東京 彫刻家。本名平野富三。上京後池野哲仙、斎藤素巌に師事し、昭和17年第5回新文展に初入選。戦後は日展に出品を続け、同31年、34年には特選を受賞。また同33年より日彫展にも出品を始め、同37年には第58回太平洋展に初出品し文部大臣賞を受賞。彩色木彫やブロンズ像を多く制作した。日展評議員、日彫会会員、太平洋美術会会員。
平野 富山
「聖観音(厨子付き)」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
平野 富山作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「平野富山」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

平野富山の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.75
2024「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求