林 喜市郎(はやし きいちろう)
大正8(1919)千葉~平成11(1999) 画家。敗戦後シベリアに拘留され、1946年に帰国、画家を志す。50歳で画業を始め、日本各地を渡り歩いた。田舎の風景と民家を主題として、写実に徹しながらも抒情性に富んだ作品を数多く残し、「民家の画家」と呼ばれた。全国勤労者美術展都知事賞受賞。一水会入選。日伯現代美術展入選。
林 喜市郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「林喜市郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求