羽田野 敬雄(はたの たかお)
寛政10(1798)三河~明治15(1882) 国学者、神官。号は栄樹園など。平田篤胤に学び、嘉永元年(1848)羽田八幡社境内に文庫を設立し、和漢の典籍一万余巻を収集。文庫側に松蔭学舎を設立し、一般民衆にも蔵書を公開した。明治元年(1868)皇学所御用掛に任命。
羽田野 敬雄
「皇神を」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
羽田野 敬雄作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「羽田野敬雄」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求