長谷川 潾二郎(はせがわ りんじろう)
明治37(1904)北海道~昭和63(1988)東京 洋画家。兄は小説『丹下左膳』シリーズの林不忘。上京後に自身も探偵小説を発表していた。川端画学校で素描を学ぶも油彩は独学で習得。パリに留学するも1年で帰国し、その後は個展を中心に作品を発表。思索し、時間を掛けて描くため作品は少ない。静謐な空気感漂う静物画や自宅兼アトリエのあった荻窪周辺の風景画を遺した。
長谷川 潾二郎
「高井戸附近」
長谷川 潾二郎
「バラ」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
長谷川 潾二郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「長谷川 潾二郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求