長谷川 潔(はせがわ きよし)
はせがわ・きよし 明治24(1891)横浜~昭和55(1980)パリ 洋画家、版画家。葵橋洋画研究所でデッサンを、本郷洋画研究所で岡田三郎助や藤島武二に油絵を学び、大正2年から自画自刻の版画制作を始める。日本で文学雑誌等に挿絵等を寄せたのち、大正7年に渡仏。同14年版画による最初の個展をパリのヌーヴェル・エソール画廊で開催し、翌年サロン・ドートンヌ会員となる。昭和10年、フランス政府からレジオン・ドヌール勲章受章。昭和47年にはフランス国立鋳造局の肖像メダルに、日本人では北斎、藤田嗣治に次ぐ三人目として刻まれた。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
長谷川 潔作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「長谷川 潔」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求