原 三渓(はら さんけい)
慶應4(1868)岐阜~昭和14(1939) 実業家・茶人。本名富太郎。号は三渓。明治24年、横浜の豪商原善三郎の孫娘屋寿と結婚。原家を継ぎ貿易・製糸業を通して富を築く。美術品収集家として、自ら造園した三渓園に古建築を移築したほか、芸術家の育成に尽力し、安田靫彦、小林古径、前田青邨ら新進画家への援助を行った。関東大震災以降は横浜市復興会長として私財を投じて復興に取り組んだ。
原 三渓作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「原三渓」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

原三渓の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求