英 一蝶(はなぶさ いっちょう)
はなぶさ・いっちょう 承応元(1652)京都~享保9(1724)江戸 絵師。はじめ多賀朝湖と名乗る。別号に翠蓑翁など。江戸の狩野安信に絵を学ぶが破門。町絵師として俳諧、書にも親しみ諸大名や文化人と親交を持つ。元禄年間には二度の禁固と三宅島への島流に遭うが、のち大赦によって江戸へ還り画作を続けた。温雅で優美な狩野派風の影響を受けつつも、岩佐又兵衛や菱川師宣らの風俗画を慕った作風で人気を博す。
英 一蝶作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「英 一蝶」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求