浜口 陽三(はまぐち ようぞう)
明治42年(1909)和歌山~ 平成12(2000) 版画家。東京美術学校彫塑科に入学。梅原龍三郎の助言により、中退し渡仏。第二次大戦により帰国し、戦後本格的に銅版画制作を開始する。昭和28年に再び渡仏し、カラーメゾチントという銅版画技法を独自の解釈から開拓した。繊細で静謐な作風でぶどう、さくらんぼなどの静物を得意とした。サンパウロ・ビエンナーレ版画国際部門での最優秀賞受賞をはじめ、国内外で多数受賞。勲三等旭日中綬章受章。
浜口 陽三作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「浜口陽三」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.65
2021「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求