不染 鉄(ふせん てつ)
明治24(1891)~昭和51(1976) 日本画家。本名は哲治、のち哲爾。別号に鉄二。山田敬中に師事し、日本美術院研究会員となる。その後、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)に入学し、上村松篁と親交を深める。在学中に第一回帝展にて初入選を果たし、首席卒業後も帝展で活躍した。精緻な描写と、古本に学んだ大和絵の画法とを融合させた画風で知られる。戦後は、正強高等学校(現・奈良大学附属高等学校)の校長を務め、画壇から離れたものの、海や寺院などを題材に郷愁漂う風景画を制作した。
不染 鉄
「秋」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
不染 鉄作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「不染鉄」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

不染鉄の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.68
2022「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求