舟越 保武(ふなこし やすたけ)
明治45(1912)岩手~平成14(2002)東京 彫刻家。東京美術学校(現:東京芸術大学)彫刻科を卒業。このとき出会った佐藤忠良と戦後日本を代表する彫刻家となる。知性と品格を湛えた端正な具象の作風で知られる。新制作派展出品作の《アザレア》は、文部省買い上げとなる。昭和62年に脳梗塞に倒れた後、死の直前まで左手で創作を続けた。東京芸術大学名誉教授。
舟越 保武作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「舟越 保武」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求