福田 豊四郎(ふくだ とよしろう)
明治37(1904)秋田~昭和45(1970) 日本画家。本名豊城。東京で川端龍子、京都で土田麦僊に師事。帝展、国展に入選を重ね、龍子の「青龍社」立ち上げに参加。第11回帝展に出品した《早苗曇り》で特選。吉岡堅二らと「美術人社」を結成するなど日本画革新運動を推進し、戦後は山本丘人、上村松篁らと在野日本画団体「創造美術(後の創画会)」を創立。一方、ふるさと秋田の風景と暮らしをテーマに、独自のロマンチシズムを織り込んだ作品を生涯描き続ける。武蔵野美術大学日本画科教授。
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
福田 豊四郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「福田 豊四郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求