福田 平八郎(ふくだ へいはちろう)
明治25(1892)大分~昭和49(1974)京都 日本画家。京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)卒業。第3回帝展で《鯉》が特選、以後京都画壇をリードする存在となる。写実描写に始まった作風は、形態や色彩を抽象化、単純化した方向に進み、日本画に新境地を拓いた。京都市立絵画専門学校教授、日展理事・顧問、帝国芸術院会員、文化功労者。
福田 平八郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「福田 平八郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.59
2019「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求