(伝) 藤原 公任(ふじわら の きんとう )
康保3(966)~長久2(1041) 公卿、歌人、歌学者。通称、四条大納言。関白太政大臣藤原頼忠の子に生まれ、蔵人頭を経て、参議、権大納言に至る。和歌、漢詩、管弦に秀で、有職故実に明るく、能書家としても知られる。中古三十六歌仙の一人に数えられ、家集に『公任集』、歌学書『新撰髄脳』等。また、『和漢朗詠集』、『拾遺抄』、『三十六人撰』を撰進した。正二位権大納言。
(伝) 藤原 公任
「拾遺抄切」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
(伝) 藤原 公任作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「(伝) 藤原 公任」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求