藤井 達吉(ふじい たつきち)
明治14(1881)愛知~昭和39(1964)愛知 工芸家。名古屋で七宝店に勤めたのち美術工芸の道をこころざし、新感覚の染織、紙工芸などを発表する。工芸革新運動にも加わり、昭和2年帝展工芸部誕生の推進力となる。小原和紙工芸や瀬戸の陶芸も指導した。
藤井 達吉作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「藤井 達吉」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求