鳥文斎 栄之(ちょうぶんさい えいし)
宝暦6年(1756)~文政12年(1829) 浮世絵師。初め狩野栄川院典信の門人となり、のち龍斎に浮世絵を学び、鳥居清長に私淑する。当初は清長の亜流とも言うべき作風であったが、寛政期には栄之独特の典麗な十二等身美人像を描き、歌麿画にも影響を与えた。肉筆画にも優れた手腕を示し、版画と同じく清楚な画趣を感じさせる作品を残している。
鳥文斎 栄之作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「鳥文斎 栄之」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求