陳賢(ちん けん)
中国生没年不詳 明末の道釈画家。字は希三。号に太玄道人、碧水。崇禎(1628)・順治(1661)年間に活躍したとされ、福建省の九日山延福寺に在し、写実的な肖像画を手掛けたことで知られる。作品には隠元や木庵など黄檗僧の賛がみられ、日本の黄檗絵画に影響を与えた。
陳賢,木庵 性瑫
「観音図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
陳賢作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「陳賢」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

陳賢の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求