阪 正臣(ばん まさおみ)
安政2(1855)尾張~昭和6(1931) 歌人、書家。号に茅田、観石、桃坪。高崎正風に師事し、宮内省御歌所入省の後、華族女学校教授、御歌所寄人を歴任。上代様仮名書道の研究会である難波津会の会員であり、温和な書風で知られる。著作に『樅屋詠草』『樅の小枝』。
阪 正臣
「飛ふくるま」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
阪 正臣作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「阪正臣」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求