梅翁軒 永春(ばいおうけん えいしゅん)
生没年不詳 浮世絵師。元禄期から享保期にかけて江戸で活躍した懐月堂派の絵師と見られている。肉筆の美人画を得意とし、頭部の小さな女性を優雅でしなやかな作風で描いた。
梅翁軒 永春
「太夫禿道中図」
こちらのサイトに掲載されている作品はごく一部です。
未掲載作品は最新カタログや銀座の店舗でご覧いただけます。
梅翁軒 永春作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「梅翁軒 永春」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.62
2020「新春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求