阿波野 青畝(あわの せいほ)
明治32(1899)奈良~平成4(1992)兵庫 俳人。本名は敏雄。原田浜人、高浜虚子に師事。昭和初期に山口誓子、高野素十、水原秋桜子と共に『ホトトギス』の黄金時代を築く。生活感情に即し、自在で主情的な歌風が特徴。『かつらぎ』主宰。句集に『万両』『春の鳶』。蛇笏賞,日本詩歌文学館賞受賞。勲四等瑞宝章受章。
阿波野 青畝作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「阿波野青畝」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求