麻生 三郎(あそう さぶろう)
大正2(1913)東京~平成12(2000)神奈川 洋画家。15歳の頃より小林萬吾の下で学び、17歳で太平洋美術学校に入学。1933年に退学後、1939年には美術文化協会の結成に参加。戦中は靉光、松本竣介らと新人画会を結成、作画活動に執心することで時局への抵抗を訴えた。戦後は武蔵野美術学校(現・武蔵野美術大学)で教鞭をとり、後進の育成にあたる。芸術選奨文部大臣賞受賞。
麻生 三郎作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「麻生三郎」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

麻生三郎の作品を売りたい

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.70
2022「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求