荒井 寛方(あらい かんぽう)
明治11(1878)栃木~昭和20(1945)福島 日本画家。荒井素雲の長男。本名寛十郎。水野年方に歴史画を学ぶ。明治35年國華社に入社し仏画模写の仕事に従事。その後インドに渡り、アジャンターの壁画などを模写。帰国後は仏教に画題を得た作品を中心に院展に出品。法隆寺金堂の壁画模写が未完のまま没した。
荒井 寛方作品のご売却をお考えの方

秋華洞では「荒井 寛方」先生の作品を積極的に買い入れております。
ご所蔵の作品がもしございましたら、ぜひご連絡ください。

美術品買取秋華洞

最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.60
2019「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求