. 秋華洞 > 日本美術家百科事典 > 登録作家一覧 > 竹内栖鳳
たけうちせいほう・竹内栖鳳のご紹介です。
竹内栖鳳
竹内栖鳳 アレ夕立に(高島屋資料館蔵)  

竹内栖鳳

たけうちせいほう
Takeuchi Seiho
日本画家
1864(元治1)京都?1942 (昭17) 神奈川
    【代表作】
  • 斑猫
    (山種美術館蔵)(国指定重要文化財)
  • 平家驚禽声逃亡
    (東京国立博物館蔵)
  • 秋興
    (京都国立近代美術館蔵)

竹内栖鳳のプロフィール

  明治14年四条派の幸野楳嶺の画塾に入門。棲鳳の雅号を受ける。
  20年京都府画学校北宗画科を修了し、画家として独立。
  22年から京都市立美術工芸学校教諭となり、この前後、様々な展覧会で受賞を重ねる。
  33年渡欧、翌年帰国して雅号を栖鳳と改める。
  40年に文展が開設されると、第1回展から毎年審査員を務め、自身も意欲的な出品で注目を集めた。
  また、大正9年と10年の二度にわたって東洋画の源流を訪ねるために中国へ旅行し、代表作で重要文化財の「班猫」は、そののちに描かれた。京都画壇の総師として多くの名作を残し、逸材を育成、日本画の近代化に大いに貢献する。栖鳳紙を作り出すなど画材にも工夫をこらした。
  昭和12年に横山大観とともに第1回文化勲章を受章。
  • 竹内栖鳳の師: 土田英林 幸野楳嶺
  • 竹内栖鳳の弟子: 上村松園 小野竹喬  土田麦僊  西村五雲  橋本関雪
  • 竹内栖鳳の交流関係: 菊池芳文 都路華香
  • 竹内栖鳳の所属・会派:円山四条派 
秋華洞コメント
料亭の一人息子として生まれた栖鳳は、当然のことながら 絵の路に進むことを父から反対された。
しかし10歳年上の姉による父への強い説得により、晴れて本格的に絵を習い始める。
生まれ持った感性と、ある種雅な家庭環境により、栖鳳の魅力はますます研ぎ澄まされていった。
完成された遊び心を類まれな筆の技量をもって表す。
栖鳳の絵こそ、まさに「粋」そのものであろう。

竹内栖鳳作品のことなら、私たちにお任せください!

査定・販売責任者・弊社社長 田中千秋
父の代から40年美術業界で培った経験を元に、竹内栖鳳作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。
創業者 故 田中自知郎
竹内栖鳳作品の販売を積極的に行っております。
魂の籠もる優れた美術品をご紹介できることは何よりの喜びです。
作品は「おんらいんぎゃらりい」でのネット販売のほか、カタログ販売も行っておりますし、もちろん銀座の店頭でもお買い求めになれます。
是非一度ご利用下さい。
株式会社秋華洞
〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F
TEL.03-3569-3620 FAX:03-3569-3621
E-mail info@syukado.jp
開店時間:10:00-18:00
秋華洞ホームページ

登録作家一覧