. 秋華洞 > 日本美術家事典 > 登録作家一覧 > 尾形乾山
おがたけんざん・<$MTEntryTitle$>のご紹介です。
尾形乾山
        尾形乾山 『色絵芦雁図透鉢』(出光美術館蔵) 

尾形乾山

おがた・けんざん
Ogata Kenzan
書画
1663(寛文3)京都?1743(寛保3)江戸
    【代表作】
  • 重要文化財「染付金銀彩松波文蓋物」(出光美術館蔵)
  • 『銹絵鶴乗図角皿』尾形光琳画・乾山裏銘(東京国立博物館蔵)

尾形乾山のプロフィール

   江戸中期の陶工・絵師。京都の裕福な呉服商の三男で尾形光琳の実弟。父宗謙に書を、兄光琳に絵画を学び、野々村仁清に陶法を学ぶ。 37歳の時(1699・元禄12年)京都の西北(乾=いぬいの方角)の鳴滝に開窯し、乾山と号した。 初期の作品は兄光琳が絵を描き、乾山が賛を書した合作が多い。 1712年(正徳2)二条丁字屋町に移住し多くの作品を手がけた。乾山は兄の死後も30年近く生き、晩年は江戸に移住、81歳で没するまで陶器や絵画の制作に手腕を発揮した。
  • 尾形乾山の師:野々村仁清
  • 尾形乾山の交流関係:尾形光琳(実兄)
  • 尾形乾山の所属・会派:光琳派(琳派)

尾形乾山作品のことなら、私たちにお任せください!

査定・販売責任者・弊社社長 田中千秋
父の代から40年美術業界で培った経験を元に、尾形乾山作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。
創業者 故 田中自知郎
尾形乾山作品の販売を積極的に行っております。
魂の籠もる優れた美術品をご紹介できることは何よりの喜びです。
作品は「おんらいんぎゃらりい」でのネット販売のほか、カタログ販売も行っておりますし、もちろん銀座の店頭でもお買い求めになれます。
是非一度ご利用下さい。
株式会社秋華洞
〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F
TEL.03-3569-3620 FAX:03-3569-3621
E-mail info@syukado.jp
開店時間:10:00-18:00
秋華洞ホームページ

登録作家一覧