. 秋華洞 > 日本美術家事典 > 登録作家一覧 > 岸田劉生
きしだりゅうせい・<$MTEntryTitle$>のご紹介です。
岸田劉生
        岸田劉生 『毛糸肩掛せる麗子肖像』

岸田劉生

きしだ・りゅうせい
Kishida Ryusei
洋画家
1891(明治24)東京?1929(昭和4)山口
    【代表作】
  • 『切通之写生』
  • (重要文化財)
     

岸田劉生のプロフィール

   1906年東京師範附属中学を中退し絵に専念、同時にクリスチャンになる。白馬会の葵橋洋画研究所で黒田清輝に学び、1910年第4回文展 に19歳で入選。白樺派同人との交友を深め、1912年にはフュウザン会の結成に参加。自画像や肖像画を多数制作する。その後印象派の作風から一転して写実に向かう。1916年に肺結核と診断され、その後各地を転々としながらも、「麗子像」など傑作を残す。1929年、南満州鉄道の招きで満州に50日滞在後、徳山に立ち寄り、同地で客死。未完の「徳山風景」が絶筆となった。
  • 岸田劉生の師:黒田清輝
  • 岸田劉生の弟子:椿貞雄など
  • 岸田劉生の交流関係:高村光太郎、萬鉄五郎など
  • 岸田劉生の所属・会派:草土社、フュウザン会文展
秋華洞コメント
岸田劉生は北欧ルネサンス絵画の影響を受けて精緻な写実主義に傾倒しました。しかし肉筆浮世絵や宋元画の研究によって東洋的な性格を帯びてくると作品は神秘的な様相を呈してきます。そんな劉生の「内なる美」の理想は晩年の「麗子像」シリーズで結実したように感じます。

岸田劉生作品のことなら、私たちにお任せください!

査定・販売責任者・弊社社長 田中千秋
父の代から40年美術業界で培った経験を元に、岸田劉生作品を責任を持って査定させて頂きます。
ご売却の他、鑑定・修復など、あらゆるご相談に応じます。
親切・丁寧にご説明することをモットーとしておりますので、お気軽にご連絡下さい。
なお、買取りのお見積もりは無料です。
創業者 故 田中自知郎
岸田劉生作品の販売を積極的に行っております。
魂の籠もる優れた美術品をご紹介できることは何よりの喜びです。
作品は「おんらいんぎゃらりい」でのネット販売のほか、カタログ販売も行っておりますし、もちろん銀座の店頭でもお買い求めになれます。
是非一度ご利用下さい。
株式会社秋華洞
〒104-0061 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F
TEL.03-3569-3620 FAX:03-3569-3621
E-mail info@syukado.jp
開店時間:10:00-18:00
秋華洞ホームページ

登録作家一覧