高山辰雄
「朝の氣」
価格お問い合わせください
サイズ本体8号 33.9×45.0(52.5)
素材絹本着色
備考額装
落款・印
共シール
作品番号A2-95-119
作品解説
緑の豊かな沢の風景に、馬を従えた人物がぽつんと座っている。黄色の麦わらを被ったその人物は、青色の影が落ちる木々や叢から浮かび上がると同時に、穏やかで澄んだ色彩の調和の中に溶け込んでいる。また前景で背を向けて座る姿態は、見る者の没入を誘い、この清新な朝の風景を共に眺めているような心持にさせる。ここには、「人間を考えながら風景も描いているのです」と語った高山の、自然と関わる人間へのまなざしが感じられる。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求