「「吾是十方」二行」
価格お問い合わせください
サイズ131.0×42.0(192.0×59.0)cm
素材絖本墨書
備考軸装

富田正文添状
明治26年作
少々折れ
作品番号A2-95-029
作品解説
「耳順」とは、「60歳にもなれば他者の声も謙虚に聞き入れられるようになる」という孔子の言葉に由来します。しかしながら、諭吉は本作で「自身は還暦を待たずとも耳順の境地に至った」と戯れに歌っています。このように儒学のもったいぶった教えを一笑する姿勢には、漢学者たる父などから薫陶を受け深い儒学の素養を持ちながらも、実学たる西洋文明を礼賛した福沢の精神性が現れているようです。

【読み】
吾是十方世界身由来到處物相親 
-続きはお問い合わせください-
福沢 諭吉(ふくざわ ゆきち)
天保5(1835)大坂~明治34(1901)東京 思想家、教育家。中津藩士の家に生まれ、緒方洪庵に蘭学を学ぶ。幕府の遣欧米使節に参加し、『西洋事情』等の著作を通じて欧米文化を紹介。慶應義塾創設者として明治の六大教育家に数えられる。『学問のすすめ』、『文明論之概略』など著作多数。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求