「「早春」歌懐紙」
価格¥350,000
サイズ34.7×46.3(122.5×57.2)cm
素材紙本墨書
備考軸装

修復跡
作品番号A2-94-226
作品解説
【読み】
  早春
庭増気色晴沙緑
林変容輝宿雪紅
岩たゝく たるひの
 うへの
  早蕨の
もえいつる春に
 成にけるかな(印)
烏丸 光広(からすまる みつひろ)
天正7(1579)~寛永15(1638)京都 公卿、歌人。幼時日蓮宗の僧日重に預けられて学問にめざめる。のち清原清賢に儒学を、細川幽斎に和歌を学んで古今伝授を受け、二条派歌学を究めた。後陽成、後水尾天皇などに仕え、権大納言に至る。公卿の中でも江戸幕府に好意を寄せ、徳川家光の歌道師範を務め、本阿弥光悦、俵屋宗達ら文化人とも交流した。独特の書風は寛永の三筆に匹敵する腕前をみせた。家集に『黄葉和歌集』等。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求