「雷雲(信濃焼岳)」
価格¥180,000
サイズ26.0×36.2(46.6×53.7)cm
素材紙に水彩
備考額装
画中にサイン
「日本美術家協会会館完成記念総合美術展」出品
ヤケ、額に傷み
作品番号A2-93-360
キーワード風景
曽宮 一念(そみや いちねん)
明治26(1893)東京~平成6(1994) 洋画家、随筆家。本名下田喜七。東京美術学校(現:東京芸術大学)卒業後、藤島武二、山下新太郎に師事し、中村彝に兄事する。二科会・独立美術協会を経て、国画会会員となり特異の風景画家として活躍するが、のち視力障害のため退会、無所属となる。失明後は画家から文筆へと活動を転じ、多くのエッセイを著す。『海辺の溶岩』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求