「古歌」
価格お問い合わせください
サイズ122.0×52.0(202.5×63.0)cm
素材紙本墨書
備考軸装
双幅
花押・印
不二文庫旧蔵|『日本書流全史 下』(小松茂美編、講談社、昭和45年)所収
経年劣化
作品番号A2-93-069
作品解説
【読み】
 返し
こもり江に思ふ心をいかてかは
 ふねさす棹の
 -省略-
続きはお問い合わせください
近衛 信尹(このえ のぶただ)
永禄8(1565)~慶長19(1614) 公家、書家。初名は信基・信輔、号は三藐院。近衛前久の嫡子。内大臣、正二位左近衛大将を経て左大臣となる。島津義久に厚遇され、茶道、書、和歌などを能くし、本阿弥光悦・松花堂昭乗とともに寛永の三筆と称される。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求