「宸翰御消息」
価格お問い合わせください
サイズ30.5×70.0(115.5×84.5)cm
素材紙本墨書
備考軸装
中村直勝箱
不二文庫旧蔵
小松茂美著『日本書流全史 下』(講談社、昭和45年)所収
作品番号A2-92-334
作品解説
【読み】
入室廿日廿四日之由
御仰候き誰人申出
-省略-
続きはお問い合わせください
伏見 天皇(ふしみてんのう)
文永2(1265)京都~文保元年(1317)京都 第九十二代天皇。諱は熈仁。後深草天皇の第二皇子で後宇多天皇の後に即位。後に譲位し、後伏見、花園の天皇の代に院政を行う。京極為兼に師事した、京極派の有力歌人であり、書に於いては伏見院流の祖である。勅撰集『玉葉集』を編纂させた。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.64
2020「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求