「白瓷唐草文鉢」
価格¥250,000
サイズφ9.0×H7.5cm
素材磁器
備考
高台側面に掻き銘
共箱
作品番号A2-92-267
塚本 快示(つかもと かいじ)
明治45(1912)岐阜~平成2(1990)岐阜 陶芸家。本名、快兒。江戸中期から続く美濃焼の窯元に生まれ11代「快山窯」を継ぐ。小山富士夫の影響で青白磁の研究を始め、影青官窯、磁州窯などの古陶片から中国宋代の青白磁技法の再現に取り組む。また、陶芸デザイナーの日根野作三に学び、クラフト運動に参加し、日用品としての陶磁の製作も積極的に行った。端正なフォルムと、素地が乾ききらないうちに刻み込まれる繊細な文様を特徴とする青白磁の作品は国内外で高い評価を受ける。人間国宝。勲四等旭日章受章。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求