「「清風」一行」
価格¥150,000
サイズ118.0×28.3(194.3×30.8)cm
素材紙本墨書
備考軸装
落款
昭和40年作
シミ、折れ
作品番号A2-92-047
作品解説
【読み】
窓下有清風
   九十翁耳庵
松永 耳庵(まつなが じあん)
明治8(1875)~昭和46(1971) 実業家、茶人。本名安左エ門。福沢諭吉に師事。明治末頃より電力事業で辣腕を振るい、「電力の鬼」とも呼ばれた。60歳から茶をはじめ、「耳庵流」とも呼ばれる気ままな茶風を実践。益田鈍翁、原三渓とともに近代三代茶人の一人に数えられる。古美術蒐集家としても知られ、蒐集品には国宝《釈迦金棺出現図》などがある。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.63
2020「春号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求