「諸国瀧廻 東都葵ケ岡の滝」
価格お問い合わせください
サイズ25.5×37.0 cm
素材
備考制作年:天保4年(1833)
作品番号A1-92-155
作品解説
日本各地のさまざまな滝に取材した「諸国瀧廻り」。全8図からなる本シリーズは、滝それぞれの特徴を巧みに描き分ける。どうどうと飛沫をあげて落ちる滝、筋となって岩を伝い落ちる滝、といった様々な水の表現は、この揃い物に先立って描かれた「富嶽三十六景 神奈川県沖浪裏」の波濤の描写に勝るとも劣らない。
浮世絵ぎゃらりい秋華洞にも掲載しています
葛飾 北斎(かつしか ほくさい)
かつしか・ほくさい 宝暦10(1760)~嘉永2(1849) 浮世絵師。狩野派、土佐派の画法を学び、司馬江漢などの洋風銅版画にも関心を寄せるなど、破天荒な修業生活を送る。版画ほか肉筆画にも傑出し、印象派に影響を与えた。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.61
2019「秋号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求
おすすめ作品