「海辺の少女/うつつ」
価格お問い合わせください
サイズ29.0×23.5(48.5×39.9)
素材紙に鉛筆、水彩
備考額装

東京美術俱楽部鑑定書
《海辺の少女》明治42年頃作(c.1909)
《うつつ》大正2年頃作(c.1913)
ナミ、ヤケ
作品番号A2-95-171
藤島 武二(ふじしま たけじ)
慶応3(1867)~昭和18(1943) 洋画家。曽山幸彦、中丸精十郎、山本芳翠に師事。黒田清輝の推薦で東京美術学校助教授になり、白馬会創立にも参加。渡欧後に東京美術学校教授となる。東洋的雅趣の人物画に始まり、円熟期には風景画に画境を拓いた。帝国美術院会員、帝室技芸員。文化勲章受章。
最新カタログ
カタログ誌
秋華洞
Vol.66
2021「夏号」
美術館とは ひと味ちがう、自分だけの「お気に入り」を探してみてください。
最新カタログのご請求