東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2016年2月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Vol.371 企画展 『猫れくしょん』のご案内と、「猫」が招く「福」の話

-----------------------------------------------------------
日本美術のホットニュース、業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を
お届けします。株式会社秋華洞提供。
------------------------------------------------------------

■まずは秋華洞企画展のご案内から ━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥

いよいよ来週月曜日2/22(猫の日)から『猫れくしょん』展が始まります。

会期:2月22日(月)~26日(金) 会期中無休
場所:ぎゃらりい秋華洞
   東京都中央区銀座6-4-8曽根ビル7F
   東京メトロ銀座駅より徒歩3分です。
時間:10:00~18:00(平日)
入場無料・展示販売いたします。

詳細はこちら↓↓
http://www.syukado.jp/feature/2016/02/cat.html

猫がつぶやくTwitterも合わせてお楽しみ下さい↓↓
https://twitter.com/neco_syukado

世は空前の猫ブーム。
可愛く、美しく、時にふてぶてしく...いえいえ、どんな姿も愛さずには
いられないのが猫の魔力。
その魅力にやられてしまうのは現代人ばかりではありません。
どうやら日本では度々猫ブームが起こっていたようです。

秋華洞では江戸時代の猫好きの筆頭、国芳の浮世絵や、
小林清親・藤田嗣治など、浮世絵、掛軸、絵画など古今の猫を一堂に集めて、
猫まみれの展示をいたします。

企画展中は大きな招き猫が入り口正面に鎮座ましまして
お客様をお迎えする予定で、ただいま待機中でございます。
さすがは招き猫!!人も物の呼び寄せるのか、企画段階からあっという間に
猫作品が集まって、ぎゃらりいはすでに猫の集会所状態です。
猫コレクターさんも展覧会前から注目してくださって、なんだか「福」が
来たみたい。
ただいまスタッフもメロメロになりながら、設営準備中です。
どうぞお楽しみ。

※全国の猫好きの皆様。平日のみの展示企画展で申し訳ありません。

------------------------------------------------------------

■今週の「そうだったのか!」━━━━━━━━━━━━━・・・・・‥‥‥...

さて本日は、『猫れくしょん』展にちなんで、
「猫」が招く「福」の、そうだったのかをお送りします。

今回『猫れくしょん』に展示する掛軸の内、2点は「猫と蝶」をモチーフに
した作品です。
1点は鈴木華邨《少女と猫》(梶田半古《法楽舞》との合作双幅の内の一幅)。
子猫と戯れる少女の豪奢な羽織には、群れ飛ぶ蝶々が描かれています。
もう1点は、原在明《虎耳草と猫》。
繊細な毛描きに縁取られた猫の眼が、頭上の蝶の姿を追っています。
(是非、御来店になって実物を御覧ください!)

原在明の作品のように、猫の視線を利用し、蝶の存在に気づかされる構図は、
鈴木春信の浮世絵《猫に蝶》や司馬江漢などの作品にも見られます。
「猫と蝶」は、古くから親しまれてきた画題の一つなのですが、
それはこの組み合わせが吉祥のモチーフとされているから。
「松に鶴」「滝に鯉」などなどのように、吉祥画を好む東洋人にとっては
大切で、とても親しみやすい画題なのですね。

ではどうして「猫と蝶」がおめでたいモチーフになるのかというと...
その原点は中国の思想から始まります。
中国では80歳から90歳を「耄耋の年」といい、耄(mao)は猫と、
耋(tie)は蝶と発音を同じくすることから、この二つの組み合わせを
「長寿」の象徴としてきたからなのです。
(※耄、耋に当てる年齢は諸説あり、60、70歳などとする文献もあります)
まったく思いもつかない組み合わせで、びっくりですね。

さらに、この長寿の画題に「花」(牡丹など)を描き添えて、
「富貴」のを表すモチーフともなります。
『猫れくしょん』の作品に戻ってみますと、
《少女と猫》の少女の羽織の下の着物は一面の桜柄。《虎耳草と猫》では
猫の頭上は虎耳草(ユキノシタ)の花が満開になっています。
ということは、この掛軸2点はともに「長寿」と「富貴」を願い、祝う、
大変おめでたい作品ということになりそうです。

きっと、もともとあった猫の神秘性への畏怖や憧れ、
ネズミをとってくれるなど人の役に立つ習性なども、いつの間にか猫のご利益に
変わって「猫」=「福」のイメージが大衆にまで広がっていたのでしょう。
その頂点が招き猫、福猫の姿かもしれません。

吉祥のモチーフ、千客万来、商売繁盛、魔除け、厄除けの「福」に加わえて、
さらに愛らしい姿と仕草が生み出す「福」!
まさに「向かうところ敵なし」といった猫の魅力&活躍に
これからも注視していきたいですね。

もちろん、美術品に登場する猫の姿も要チェックです!

-------------------------------------------------------------------------------
★更新情報★
・銀座の画廊で働く社長ブログ
...「現代日本って、案外、面白いぜの巻」
http://www.aojc.co.jp/blog/2016/02/post-3574.html
http://www.aojc.co.jp/blog/

・秋華洞スタッフブログ...
何時の世も猫に夢中...「猫のかんざし」
http://www.aojc.co.jp/staff_blog/2016/02/16/post-511/
http://www.aojc.co.jp/staff_blog/

・浮世絵サイト...新着情報
 川瀬巴水「つつじ庭より冨士を見る 元箱根見南山荘風景」
http://jp.japanese-finearts.com/item/list2/A1-91-107/Kawase-Hasui/View-of-Mt.-Fuji-from-an-Azalea-Garden-
 芳晴「水滸伝豪傑鏡 九紋龍支進」
http://jp.japanese-finearts.com/item/list2/A1-91-088/Yoshiharu/Shi-Jin--the-Nine-Dragoned-from-Water-Margin
 芳虎「文治四年源義経摂州大物浦難風之図」
http://jp.japanese-finearts.com/item/list2/A1-91-086/Yoshitora/Minamoto-Yoshitsune-Encounters-a-Typhoon-in-Settsu-Province-
他、新着情報はこちら↓
http://jp.japanese-finearts.com/

-------------------------------------------------------------------------------
メルマガ担当:上村

株式会社秋華洞
http://aojc.co.jp
東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F
TEL 03-3569-3620 FAX 03-3569-3621
E-mail info@syukado.jp

営業時間
平日  10:00~18:00
日・祝 11:00~18:00

*おんらいんぎゃらりい秋華洞
http://www.syukado.jp
*Facebook
http://www.facebook.com/Shukado.Japan.Art
*Japanese Fine Arts.com
http://www.japanese-finearts.com/

============================================================

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2016年2月20日 18:05