東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2011年10月 2日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.263 東美アートフェア、もうすぐ!

2011/10/2発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・カタログ29号「秋」、好発進! ・東美アートフェア『池永康晟 日本画展』 ・今週の更新情報&注目トピックス! ・日本のゴッホと呼ばれた孤高の画家 長谷川利行 ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新入荷作品? ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 □■□■□■□■□■□■  最近、外国からのお客様にお越しいただける機会が増えてきました。震災以来、 ぴたりと来訪が途絶えていたのでうれしい限りです。彼らの多くが浮世絵が好き で、日本人以上に日本の美しさを知っているように思います。最近はめっきり需 要の減った屏風や大きな掛軸も、外国のお客様には大人気。きっと大きな家に住 んでいるんでしょうね、うらやましい。。。 さて、今回もカタログ最新号のおすすめ情報から、東美アートフェアの告知まで、 幅広くお伝えしてまいります。ぜひ最後までお付き合いください。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ カタログ29号「秋」、好発進! □■□■□  9月半ばに発行して秋華洞カタログ「秋」、おかげさまで多くのお客様からお 問い合わせ、ご購入をいただいております。  まだ在庫のある作品の中から、少しだけおすすめをご紹介すると、「ほととぎ す鳴音やふるき硯箱」との歌が詠み込まれている松尾芭蕉の消息文、縁起物とさ れるコウモリの飛ぶ下を、愛らしい鍾馗が馬に乗って闊歩する富岡鉄斎『辟邪降 福図』、秋にぴったりの幻想的な紅葉と牛を描いた小林古径『霜』、宵闇に町の 灯りが美しい清水規『灯火』などなど、ほかにも現品をご覧いただきたい作品ば かりです。 「またカタログを見たことがない!」という方、まずはおためしで1冊いかがで しょうか?すでにカタログをご覧いただいているお客様、どうぞお気軽にお問い 合わせください。ご遠方の方も、現品をご覧いただけるようご相談に応じます。 秋華洞カタログ請求はこちら https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ 東美アートフェア『池永康晟 日本画展』 □■□■□  来たる10月14日(金)?16日(日)、東京美術倶楽部にてアートフェアが開催 されます。秋華洞のブースでは、日本画家・池永康晟さんの個展を開催。新作に 加え、安価でお買い求め頂けるジクレー(リトグラフのようなもの)も発表予定 です。詳細は追々メルマガでもお知らせしてまいりますが、不明点等ございまし たら、お気軽に秋華洞までお問い合わせください。 ●東美アートフェア2011 『池永康晟 日本画展』  会場:東京美術倶楽部 東京都港区新橋6-19-15 ブース4-19「秋華洞」  TEL:03-3432-0191  入場料:一般 1,000円(前売 900円)  10月14日(金)午前10時?午後7時  10月15日(土)午前10時?午後6時  10月16日(日)午前10時?午後5時 東京美術倶楽部サイト『東美アートフェア』 http://www.toobi.co.jp/artfair/index.html ※秋華洞へのお問い合わせは03-3569-3620まで 皆さまのご来場をお待ちしております。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ 今週の更新情報&注目トピックス! ■□■□■□■ ★YouTube アートフェア東京2011「江戸から昭和の美人画×指派」 http://www.youtube.com/watch?v=fDcsaW9Agu8 ★facebook秋華洞 http://www.facebook.com/Shukado.Japan.Art ★twitter秋華洞 http://twitter.com/#!/syukado ★海外サイトに浮世絵を続々アップしています  詳細はお気軽にお問い合わせください 組立絵 http://www.japanese-finearts.com/item/search.php?md=0930 芳幾 http://www.japanese-finearts.com/item/search.php?md=0928 http://www.japanese-finearts.com/item/search.php?md=0927 前川千帆 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/108616000/ 笠松紫浪 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/108616700/ どうぞご覧ください ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ 日本のゴッホと呼ばれた孤高の画家 長谷川利行 ■□■□■□■ 『己が身の影もとどめず水すまし河の流れを光りてすべる』 『人知れずくちも果つべき身一つの今かいとほし涙拭はず』  今回ご紹介する画家は、絵だけでなく上にご紹介した歌を詠むなど、優れた才 能を持ち合わせていました。それでいながら、彼の歩んだ人生は、たとえるなら ゴッホの人生の如く孤独で、荒れ果てており、強すぎる感受性に翻弄されていた ように映ります。  長谷川利行は1891年に京都で生まれました。早くから独学で絵を描くも、中学 校時代には歌や詩の方に情熱を注いでおり、24才の頃には『長谷川木葦集』とい う歌集を独自に出版しました。  油絵に目覚めたのは関東大震災の頃。上京していた利行は被災し、ひとたび京 都に戻るも、ふたたび東京・日暮里に舞い戻り、精力的に油絵を描きはじめます。  30代も半ばになり、ようやくぽつぽつと作品が受賞するようになります。しか しその一方で、遊ぶ金ほしさに絵を押し売りし、その金で酒を飲んでは奇行に走 るなど、次第に彼の生活は荒みはじめ、周囲の人々も利行と距離を置くようにな りました。  40代は簡易宿泊施設を転々としながら過ごし、不摂生を重ねた体は徐々に弱っ ていきます。作品もほとんど残しておらず、ついに路上で行き倒れた利行は、養 育院に収容されるも、誰に看取られることもなく49才の若さで亡くなりました。  カタログ28号No.47『婦人像』は、クレヨンで描かれた女性の絵です。面白い のは裏側にも静物画が描かれていること。小学生の描いたクレヨンのスケッチを 「お手本」と称して壁に貼り付けていた利行の、痛いほどに無垢な感性が伝わっ てきます。 長谷川利行『婦人像』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A2-86-203.html 秋華洞カタログ請求はこちら https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?新入荷作品? ■□■ □松尾芭蕉『北向雲竹宛句入消息文』 手紙の最後に歌を詠むとは、さすが芭蕉さん。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A2-86-241.html □長谷川利行『婦人像』 表も裏も、両方利行。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A2-86-203.html □木下孝則『裸婦』 艶めかしく、まるですぐそこにいるような。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A2-86-173.html □伊藤清永『裸婦』 ロマンティックで、離れてずっと見ていたいような。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/yo/A2-86-102.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞スタッフ・林久美子がお送りいたしました。 感想、ご意見お待ちしております! このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2011年10月 2日 14:26