東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2010年11月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.234 師は良寛、友は漱石?津田青楓?

2010/11/27発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・企画展『指派(ゆびのは)展』のページを更新しました! ・今週の更新情報&注目トピックス! ・カタログ25号よりご紹介  師は良寛、友は漱石?津田青楓? ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 □■□■□■□■□■□■  間近にせまった企画展『指派(ゆびのは)』展の準備で画家の方たちと接してい ると、自分の感覚がいかに社会向け、ないし仕事向きになっているかを実感しま す。 学生時代に頭をなやませていた人間関係や自分自身の性格、心にとどめきれない よろこびや悲しみなど、それらは時に仕事をしていく中で邪魔になり、いつの間 にか自分にも他人にも鈍感になっていたように思います。 ゆびのはに参加される作家さんたちの作品は、そういう凝り固まった人の心を揺 さぶり、ほぐし、裸にする力があります。作家さん自身も繊細で、丁寧で、人の 気持ちにとても敏感。だからこそ、人の心に届く作品が生まれるのでしょう。 皆様もぜひ指派展に足をお運びください。2度開催されるトークショーでは、作 家たちの素顔にも触れられます。 さて、今回も指派(ゆびのは)展の最新情報から作家紹介まで、内容満載でお届 けいたします。どうぞお楽しみください。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ 企画展『指派(ゆびのは)展』のページを更新しました! □■□■□ 12月10日?18日にかけて開催される『指派(ゆびのは)展』、メルマガでも連日 お伝えしておりますが、着々と準備が進んでおります。 出品作家の池永康晟さん、阿部清子さん、喜田小夜子さん、何かと多忙をきわめ ている3人ですが、当日はしっかり作品を揃えてくれる模様。それぞれの『人物 画』が一同に会した時、画廊がどんな空気感になるのかとても楽しみです。 まだ秋華洞を訪れたことがない方も、期間中銀座に来られた際にはぜひお気軽に お立ち寄りください。 指派(ゆびのは)展 ★内容更新しました!  http://www.syukado.jp/jp/gallery/2010yubinoha.html ■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ 今週の更新情報&注目トピックス! ■□■□■□■ ★秋華洞・丁稚ログ 『指派(ゆびのは)始まりますぞ。池永個展は今週まで。』 http://www.aojc.co.jp/blog/2010/11/yubinoha.html ★浮世絵サイトに新着情報を続々アップしています 三代豊国 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/108514800/ 豊国 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/108513800/ 国貞 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/108513700/ 国周 http://www.japanese-finearts.com/item/list2/108515200/ どうぞご覧ください ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ カタログ25号よりご紹介  師は良寛、友は漱石?津田青楓? ■□ 終日乞食(托鉢)し終え、庵に帰り、粗末な門を閉じる。炉には葉の付いた柴を焚 く隠遁の暮らしで、静かに寒山の詩を読む。 西風が吹き、細かい雨が颯々と茅葺き屋根に注ぐ。時に両脚を伸ばして横になり 思い煩うこともなく、また疑うこともない。 このしみじみとした、何ともいい風情の歌は、良寛の五言八句を分かりやすく読 み解いたもの。そしてこの歌を自らの画賛に選んだ人物は、これにぴったりの人 生を歩んだように思います。 「青楓さんは画料が入ってもすぐに大盤振舞いしてしまうから、いつも金を持っ とらんかった」 こう教えてくれたのは、画商歴40年を誇る秋華洞の会長。洋画家から日本画家へ と転じた津田青楓は、その立派な経歴とは裏腹に、いつも金銭的に困窮していた ようです。 夏目漱石に油絵の手ほどきをしたり、良寛に感銘を受けて熱心に研究を進めるな ど、文芸にも造詣の深かった青楓。その画風は新文人画ともいうべき自由闊達な ものでした。 カタログ25号No.67『筍と苺』は、先ほど紹介した良寛の五言八句の下に、土付 きの筍と赤く熟したイチゴがころりと転がっている様子を描いたもの。タイトル よろしく、筍とイチゴの瑞々しさを素直に絵にした温かみのある画面からは、画 家津田青楓というよりも、会長が「青楓さん」と親しみを込めて呼ぶいち人間と しての津田青楓の魅力が伝わってくるようです。 これからの季節にぴったりな一品、いかがでしょうか。 カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi 津田青楓『筍と苺』 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-212.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■ □ 伊東深水・高浜虚子『星一つ』 難しいことを抜きにして、女性も子供も楽しめそうな一品 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-227.html □津田青楓『筍と苺』 旬のものを愛でるしあわせ。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A2-85-212.html □河東碧悟桐『牧場から…』 考えずに感じる書。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A2-85-295.html □長尾雨山『一行書』 一行の中にも奥深い味わい。 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A2-85-153.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2010年11月27日 18:04