東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2010年4月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.213 査定の極意

2010/4/25発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・社長メッセコーナー:千秋のそうだったのかニュース ・カタログ23号「春」よりご紹介 ?俳人・中村草田男? ・ネットで愉しむ秋華洞 ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 □■□■□■□■□■□■  連日舞い込む査定依頼のメールやお手紙。先日も広重の浮世絵が持ち込まれま した。  私が作品の情報をノートに書き込んでいると、近くに座っていた会長がひょい と覗き込んでひと言 「あぁ、これはだめやな?」  なんでわかるんですか?と尋ねた私に会長は 「いい物は、もっと惚れ惚れするもんや」  そう言いました。  初刷りの浮世絵というのは、細部にわたって細かい色分けがされており、その 繊細さ、美しさは誰が見ても明らかです。もちろん、正確に査定をするにはそれ 以上の知識が必要となりますが、「惚れ惚れする」という直感めいた感覚を会長 も大事にしているのだなぁ、とあらためて感じさせられました。 さて、今回から弊社社長・田中千秋のコーナーが復活いたしました。 社長コメント 「メルマガではお久しぶりです。秋華洞の田中千秋です。メルマガでも、今回か らまた自分の声を直接お届けしたいと思います。」 そんな訳で、今回も内容もりだくさんでお届けしておりますので、どうぞ最後ま でお付き合いください。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ 社長メッセコーナー:千秋のそうだったのかニュース ■□  こんなに凄い若冲は、初めて見ました。黒い若冲。画題は、鶏。  國華、という岡倉天心(「日本画」の理念的創始者。東京芸大の初代学長かつ院 展の生みの親。)の始めた権威ある美術誌の開催する美術鑑賞会での一幕。  ある著名コレクターの所蔵品を主として鑑賞する機会をいただきました。中国美 術、現代アートの超一級品のコレクションで有名なのですが、もちろん日本美術 もお集めになっているよう。若冲は、数年前に東京国立博物館などで行われた 「プライスコレクション展」や、昨年同館で行われた皇室の名宝展の『動植綵絵』 などでもおなじみです。動植綵絵は、極彩色で緻密に描かれており驚異的なエネ ルギーを放つ作品ですが、まあまず同等のものは市場に出てくることはありませ ん。むしろ世に時々出てくるのは水墨で描いた、動物や、植物、、動物、風物な どを描いた洒落たもの。  私は動植綵絵は、個人の好き嫌いという次元を超えた、ニンゲン総意による神へ の供物というレベルのものと思いますので、コレクションという観点からすると 「参考作」に過ぎない、と思うので、むしろ、水墨の略筆の妙味に若冲の真骨頂 があると考えています。  その観点から見ると、この若冲(画像は見せられません)は、水墨によるもの として最高傑作といってもいいかもしれない。お金をどれだけ出したって、出会 えない人は絶対に出会えない類の作品でした。同行した鑑賞者は「これだけの作 品になると、持つ人にも資格がいるよね」とつぶやきました。たしかに、そう思 います。  若冲の水墨の恐ろしいところは、あのスピード感と細部の構成の緻密さです。そ して人智を超えた造形感覚。あの生々しさは、いったい何なのでしょうか。 秋華洞でも、いくつか扱いましたが、カタログ掲載を経ずして売れてしまいまし た。しかし、また、いつかみなさんにも披露出来る日が来ると思います。 田中千秋社長のブログ『丁稚ログ』 http://www.aojc.co.jp/blog/ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ カタログ23号「春」よりご紹介 ?俳人・中村草田男? ■□  四月も気付けばもう下旬。そろそろ本腰を入れて次号のカタログに取り組まね ばなりません。しかし、まだまだカタログ23号掲載作品にもよい物が残っており ますので、どうぞお見逃しなく。  その中から、今回は作品No.29、30の中村草田男『萬緑の中や…』『降る雪や…』 をご紹介します。中国の福建省で生まれた彼は、4才で本籍のある愛媛県に戻る と、小学校時代を東京で、中学?高校時代を松山で過ごします。多感な時期に変 動する都会の景色と、のどかな郷里の地を見つめた経験は、のちに彼が生み出す 作品に大きな影響をあたえたにちがいありません。 大正14年に東京帝国大学文学部独文科に入学すると、中村は高浜虚子に師事し俳 句を学ぶようになりました。人間の内面を映し出す現代俳句を得意とした彼は “人間探求派”と称され、俳誌『万緑』を創刊するなど、昭和初期の歌壇におい て躍進的な活動を続けました。 カタログに掲載している作品『降る雪や 明治は遠く なりにけり』は、彼が母 校である青南小学校を訪れた時に詠んだ一句。時代の移ろいゆく様に哀愁を込め たこの歌は、彼の代表作となりました。 もう一点『萬緑の 中や吾子の歯 生え初むる』は、上の句とは対称的に生命力 あふれる萌芽と子供の歯の生える様子を歌った作品。『萬緑』は中村が初めて季 語に用いたのだそうです。 薄墨でさらさらと描かれた句は、見ているだけで心洗われる気がします。 カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ネットで愉しむ秋華洞 ■□■ □ 角田恵理子 『入門 日本語の くずし字が読める本』 これを読むと、掛軸の楽しみ方が一段と広がります http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A100-007.html □ 大宮智栄 『善光寺上人御歌』 第119世善光寺大本願法主、その肩書きとは裏腹に女性ならではの繊細さで詠う http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A09-0566.html □ 亀田鵬斉  『七行書』 酒がのめる、酒がのめる、酒がのめるぞ?♪ http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/fude/A09-0651.html □ 吉村忠夫 『献寿』 構図、線描、色づかい。見れば見るほどに味わいの滲む逸品 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A09-0617.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「クレドオークション」美術品のオンラインオークション http://www.credo-auction.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2010年4月25日 15:26