東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2010年3月 3日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.207 カタログ最新号、もうすぐ完成!

2010/3/3発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・アートフェア東京2010 秋華洞は人物画で勝負! ・カタログ「春号」、もうすぐお手元にとどきます ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ ご挨拶 □■□■□■□■□■□■  話題に事欠くとついつい天気の話になりがちなのは人の常ですが、毎朝「さむ いですねぇ」、「あったかいですねぇ」と交互に繰り返し呟いているような気が します。まさに三寒四温、三歩進んで二歩下がりながら、少しずつ春は近付いて くるのです。桜の便りが待ち遠しいですね。  さて、最近のいいニュースといえば、弊社でプロデュースしている池永康晟さ んの作品が雑誌の表紙になりました! アートコレクター4月号 http://www.syukado.jp/jp/press/history/artcollector201004.html これからますますの活躍が期待される池永さん。秋華洞も彼からパワーをいただ き、日本美術界を活性化させていかなければ、と背筋を正す思いです。 今回のメルマガはイベントやカタログのお知らせが満載。ぜひ最後までお付き合 いください。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ アートフェア東京2010 秋華洞は人物画で勝負! ■□  来る4月2日?4日、東京国際フォーラムにて日本最大のアートの祭典「アート フェア東京」が開催されます。比較的現代アートのブースが多く出展されるこの イベントに、秋華洞は現代日本画家の池永康晟さんと阿部清子さんの作品を引っ さげて登場いたします。 今回の展示テーマはズバリ「人物画」。昨年の東美アートフェアでは美人画に的 を絞りましたが、今回はさらに幅を広げてさまざまな種類の人物画をご紹介しよ うと思っております。池永さんの新作はもちろん、新たにプロデュースする阿部 さんの作品も、透明感のある素敵な美人画ですのでおたのしみに。 近代作家の展示作品は現在思案中ですが、菊池契月や北野恒富などをご紹介でき たらいいなぁ、などと考えております。決定事項は随時メルマガでおしらせして 参りますのでお見逃しなく! アートフェア東京 http://www.artfairtokyo.com/ 指派(ゆびのは)×秋華洞 http://www.syukado.jp/jp/gallery/2010artfairtokyo.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□ カタログ「春号」、もうすぐお手元にとどきます ■□  さて、カタログの編集もいよいよ終盤を迎えております。毎度のことながら最 後の最後まで変更と修正を繰り返す秋華洞カタログ、今回も妥協はありません! つい先日も、冒頭部分でご紹介予定の目玉作品「源氏物語」に関して専門家の方 からご指導を受けました。豪華な高蒔絵の箱に収められた全五十四帖そろいの写 本は、その表紙や紙質、閉じ糸の通し口などで、時代や持ち主の身分までわかっ てしまうのだそうです。ふしぎですね。 源氏物語のほかにも、スタッフがさまざまな文献を元に手掛けた解説が多く掲載 されています。ただ心を無にして絵を眺めるもよし、絵について知りたくなった らカタログを開いて知識を重ねるもよし。あの手この手でカタログをご活用いた だけると幸いです。 カタログは三月下旬にはお手元に届きます。どうぞおたのしみに。   カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品? ■□■□■□■□■□■ □ 岩佐古香 『八幡太郎義家』 真正面から世界を見据える武将の気迫 http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A09-0565.html □ 森脇雲渓 『菊に猫』 いつの時代も、人は猫に癒されるのです http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A09-0522.html □ 小室翠雲  『僊山樓観図』 空に漂う雲は、旅先で親を思う子に似ている http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A09-0628.html □ 山元春挙 『雪山走鹿図』 水墨の風景の中に、ほんのり色付いた鹿の駆ける愛らしさ http://www.syukado.jp/jp/search/detail/type/kake/A09-0621.html ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「クレドオークション」美術品のオンラインオークション http://www.credo-auction.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2010年3月 3日 20:24