東京銀座ぎゃらりぃ秋華洞

メルマガ一覧

2009年11月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『日本美術そうだったのか通信』Vol.197 現実を超える「真実」を描いた画仙人

2009/11/18発行 発行 株式会社 秋華洞 http://aojc.co.jp/ おんらいんぎゃらりい秋華洞 http://www.syukado.jp/ ------------------------------------------------------------ ※配信メールアドレスの登録、変更、解除は下記リンクへ http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html ※バックナンバーはこちら http://www.syukado.jp/sodatta/index.html 解除できない場合は、経由しているメールスタンドをご確認下さい。 (まぐまぐ、メルマで登録されている方は上記リンクの中にそれぞれの  メールスタンドの案内がございます。) ------------------------------------------------------------ <本マガジンの説明>日本美術の鑑賞界のホットニュース、古今国内東西の 作家のエピソード、美術業界裏話など、日本美術をより楽しむための情報を お届けします。秋華洞提供。 ------------------------------------------------------------ ■□■□■□■□■□■□■□■□■ もくじ ----------------- ・ご挨拶 ・いろいろとお知らせ ・現実を超える「真実」を描いた画仙人 ?小松均? ・ネットで愉しむ秋華洞 ?新着作品?…今週はお休みです ■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご挨拶□■□■□■□■□■□■  自動販売機から取り出すホットコーヒーの温もりがうれしい季節になってきまし た。つい昨日まではコートなしでも外出できていたのに、突如寒風吹きすさぶ気 候になったり、今まで当たり前に通り過ぎていた「正しい四季」の概念が、年々 曖昧になってきているように思います。 さて、今回も最新カタログ作品のご紹介からイベントの結果報告まで、内容もり だくさんでお贈りいたします!ぜひ最後までお付き合いください。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■□ いろいろとお知らせ ■□  まずはここで秋華洞関連のお知らせ、結果報告等をいろいろと。 去る11月10日、日本橋のロイヤルパークホテルで行われたイベントの模様をHPに アップしました。 「ロイヤルパークホテルと銀座の画廊巡り」 http://www.syukado.jp/jp/event/royalpark/report03.html 弊社会長の鑑定実演の模様や、美人画家・池永康晟さんのインタビューの模様な どをアップしておりますので、ぜひご覧ください。 また、日経ヴェリタスオンラインの槇徳子さんの「市場to市場」という記事に、 弊社社長・田中千秋のインタビューが掲載されています。 紙でじっくり ネットで毎日「日経ヴェリタス」(有料) http://veritas.nikkei.co.jp/features/08.aspx?id=MS2D2700R%2027102009 社長の日常をつれづれなるままに綴ったブログも日々更新中。美術業界の裏事情 や政治についても赤裸々に語っております。 秋華洞 丁稚ログ http://www.aojc.co.jp/blog/ 今後も企画展やイベントなど、さまざまなことに挑戦してまいりますので、こま めにメルマガをチェックしてくださいね。 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ □■ 現実を超える「真実」を描いた画仙人 ?小松均? □■ 最新カタログ「秋冬号」、お楽しみいただいておりますでしょうか?今回のメル マガでは小松均の生い立ちと作品の見どころをご紹介いたします。 彼の描く絵を見つめていると、人が自然に「生かされている」のだとしみじみ感じ ます。日本美術界の第一人者として活躍をしながら、おごりを捨てて生身で世界 と向き合った彼は、まさに「仙人」と呼ぶにふさわしい人物でした。 小松均は明治35年に山形県で生まれました。物資も情報も十分でない環境に身を おきながらも、持ちまえの向上心と実直さで絵の道を切りひらいた彼は、21歳の 時に中央美術展で初入選を果たします。 土田麦僊、横山大観ら、名だたる巨匠に愛され手あつい指導を受けた彼は、やわ らかな色彩感覚と壮大なスケールに満ちた作品を次々に発表、自ら「直写」と名 づけた独特な写生方法をベースに、晩年には生命力に充ち満ちた水墨画の世界へ と移行していきました。 華やかな美術の世界とつながりながらも、自ら田畑を耕し、自給自足の生活をつ らぬいた彼に与えられた敬称は「孤高の画仙人」。写生の現場に小屋をしつらえ て何十日も自然と向きあい描かれた彼の絵には、現実を超越した「真実」が宿っ ているように思います。 最新カタログNo.27「大原冬景図」は、彼が25歳から87歳で亡くなるまでを過ご した京都の大原を描いた1作。深閑とした雪景色の中にも、人々のあたたかな息 づかいが感じられる本作は、仙人・小松均ならではの広々とした視点で描かれて います。そこにあるのは固執しない、万人に注ぐ大きな「愛」。 カタログ会員申込み または 今号のみ請求の窓口は↓まで。 https://www.syukado.jp/jp/support/catalog/mpmailec/form.cgi  ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ ■□■ご感想をお待ちしております!■□■ 最後までお読みいただきありがとうございました。 秋華洞新人メルマガ編集担当、林久美子がお送りいたしました。 みなさまからの感想をお待ちしています。 このメールへの返信、あるいは「お問い合わせフォーム」、あるいはカタロ グ添付のハガキ、FAX連絡用紙、お電話などでも結構です。 ☆☆秋華洞に感想でも…と思ってくださった方はこちらへ☆☆ 「秋華洞お問い合わせフォーム」をご利用ください https://www.syukado.jp/jp/support/contact/index.cgi 次号もお楽しみに! ■□■□■□■□■□■□■□■□■□ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■  美術品無料査定・買取致します。  秋華洞 高価買取はこちらです。  http://aojc.co.jp/buy/  buy@aojc.co.jp  フリーダイヤル 0120-126-510 (イツモコットウ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ★★「おんらいんぎゃらりい秋華洞」美しい展示が好評です! http://www.syukado.jp/ ☆★「秋華洞・丁稚ログ」丁稚兼社長・新米美術商の赤裸々な日々 http://blog.livedoor.jp/syukado/ ☆☆「クレドオークション」美術品のオンラインオークション http://www.credo-auction.jp/ ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 発行 株式会社 秋華洞  http://aojc.co.jp/  TEL 03-3569-3620 東京都中央区銀座6-4-8 曽根ビル7F 代表取締役 田中自知郎・田中千秋 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 秋華洞のご案内 主に日本の美術品・古美術品を中心に、幅広く取り扱っております。  近代絵画・現代絵画を軸とし、さらに、鎌倉・室町時代より、現代に至る まで、あらゆる分野で活躍した画家・高僧・武将・文人・歌人・俳人の手に よる絵画・書蹟、時代屏風、絵巻、古文書、古写本、古版本、稀覯本(きこ うぼん)を専門とし、その他、彫刻、工芸品、茶道具など、多岐にわたって 対応致します。 弊社は50年にわたり日本美術商として活躍した代表・田中自知郎が長男・ 田中千秋と共に、平成15年に「有限会社アートオフィスJC」として設立され、 その後平成18年に「株式会社秋華洞」と商号変更致しました。 (代表プロフィールは↓) http://aojc.co.jp/corp/profile/index.html ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ◎ご意見、お問い合わせは、→ info@aojc.co.jp (またはこのメールへご返信下さい!) ◎バックナンバーはこちら→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html ◎秋華洞自社配信分【日本美術そうだったのか通信】の マガジン登録、解除→ http://www.syukado.jp/sodatta/index.html まぐまぐ《日本美術そうだったのか通信》の登録・解除→ http://www.mag2.com/m/0000138331.htm melma<日本美術そうだったのか通信>の登録・解除→ http://www.melma.com/backnumber_124770/ ※melma!配信分は件名が<日本美術そうだったのか通信>となっています。 ※※まぐまぐ配信で登録された方は、まぐまぐでの解除をお願いします。 自社配信登録解除URLでは、まぐまぐ配信分の「解除」は行えません。

メール登録、解除
http://www.syukado.jp/sodatta/kaijo.html

===================================================================

2009年11月18日 11:59